コードブルー3第8話感想|緒方さんの緋山先生への思いに感動です

Pocket

コードブルー3第8話感想|緋山先生が感染しておらず一安心でした

コードブルー3第8話感想

コードブルー3第8話の感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

目指せ中学受験!サイト管理人のコッコママと申します。

この記事では、9月4日に放送されたコードブルー3第8話の内容と感想から

  • コードブルー3第8話感想|復帰した灰谷は元気そうです
  • コードブルー3第8話感想|ドクターヘリ出動!
  • コードブルー3第8話感想|緋山先生の事が心配でハラハラしながら見ていました

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コードブルー3第8話感想|復帰した灰谷は元気そうです

コードブルー3第8話感想

≪コード・ブルー③ STOR8≫

前回の放送の終わりに、駅のホームから転落し負傷して翔北救命センターに運ばれた灰谷俊平(成田凌)でしたが、今回の冒頭ではすでに救命の職場に復帰しました。
 
灰谷先生とりあえず無事でなによりでした。
 
復帰した灰谷は医局で元気に振る舞っています。灰谷の事故は睡眠薬の効き過ぎでホームから落ちたという説明になっていましたが、白石恵(新垣結衣)や緋山美帆子(戸田恵梨香)や藤川一男(浅利陽介)や冴島はるか(比嘉愛未)など医局のメンバーは灰谷が自殺しようとしていたのではないかと疑っていました。そんな空気を灰谷に悟られまいと普段通りでいようとするのですがどうしてもぎこちなくなってしまいます。

コードブルー3第8話感想|ドクターヘリ出動!

コードブルー3第8話感想


 そんな時、成田空港到着ロビーで40代男性が倒れたとドクターヘリ要請が入ります。男性はショック状態でエコノミー症候群の疑われるとのことです。緋山、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)が現場に向います。

患者の男性は鼻血を出して倒れており、現場についた緋山は『エコノミー症候群で鼻血・・・?』と男性の症状に疑問を持ちます。名取がラインを取ろうと患者の腕に針を刺すと、その刺激で患者が突然暴れ腕を振り払いました。

そのせいで、名取は一度患者の体に入った針を緋山の指に刺してしまいます。初療室に運び込むとその患者、堀内豪(天田暦)は吐血します。その症状を見た橘啓輔(椎名桔平)はエコノミー症候群ではなく何か別の要因があると考え急遽スタッフたちにゴーグル、ガウン、マスクなどを着用するよう指示を出します。

感染症研究センターにも連絡し堀内の検体を採取して送ることにしました。緋山は患者の処置を続けます。橘が『誰も血液、体液、接触してないな。』と言います。その言葉を聞き名取は緋山を気にしないではいられません。そして緋山自身も戸惑いを隠せません。
 
患者の病状はいったい何なのでしょう。緋山先生は大丈夫なのでしょうか・・・。
 
藍沢耕作(山下智久)が堀内の検体を感染症研究センターに送る準備をしていました。そこに緋山がやってきて、藍沢に、名取のことには触れずに患者のラインを取る際あやまって針が指に刺さったので、自身の血液サンプルも感染症研究センターに送って欲しいと依頼します。

その時です。堀内がICUで亡くなったと冴島が告げに来ました。堀内はジャーナリストで西アフリカ各国を回っており、自然保護団体の取材のため動物との接触もあったということです。

コードブルー3第8話感想|緋山先生の事が心配でハラハラしながら見ていました

コードブルー3第8話感想


 緋山は検査の結果が出るまで、隔離されてしまいます。白石が検査の結果を急いでもらったので、明日の昼には結果が出ることを伝えに来ます
 
名取が一人でいると雪村がやってきて、名取に『名取先生ですよね。緋山先生に針刺したの。』と言いだします。名取は『なんだ見てたの。』と答えます。『やっぱり。』と雪村が返します。

名取は『えっ!?言わせた?わー雪村さんて怖いね。』と言います。雪村は『心痛まないのですか?』と名取に問います。名取は『なんで?あの患者が感性症にかかっていたのは俺のせいじゃない。こんなの普通なら、ただの針刺しのインシレント報告で済む話だ。それで済む話だったんだ・・・・。』
 
名取先生が、心が痛まないわけないですよね。誰だって自分のミスで人命が危うくなるかもしれないと思ったら。それに、母から見て名取先生は特に緋山先生のことを慕っているように見えます。その緋山先生が自分のミスで感染症にかかったかもしれないのに。よけいに気がきではないかと思います。
 
医局に緒方博嗣(丸山智己)がやってきて、横峯あかり(新木優子)に『緋山先生は?仕事の後に会う約束をしてたんだけど来ないから。』と緋山のことを聞きます。横峰も緒方に詳しいことは言えないため『体調悪いとかで早めに帰りました。』とごまかします。

そのやり取りを見ていた名取です。緒方が自分の病室に帰りろうとしてエレベーターに乗り込んだ時、名取が緒方を追いかけてきました。名取は緒方に緋山について『俺のせいで・・・・。』と本当のことを話します。
 
緋山は携帯でエボラ出血熱のことを見ていました。致死率80%と書かれた文字を見て、緋山は不安で仕方のない様子です。その時です。緋山が隔離されている病室のドアをノックする人物がいます。緒方です。緒方は緋山のことを心配して病室にやってきていました。

そして、緒方は緋山が心の底では不安できっと誰かにそばにいてほしいと思っているはずだから、だったら俺が居てやりたいと言って緋山のそばにいてあげるのでした。
 
緒方さんすごいですね。下手をすれば自分も感染するかもしれないのに。緋山先生への愛を感じます。
 
翌朝5時、緋山が病室で一人で寝ていると、病室のドアを激しくたたく人物が。白石です。白石は『大丈夫。緋山先生は必ず家に帰ってくる。何の問題もなく。』と言い出します。実は昨日、白石と緋山はフェローへの教育方針の違いから口論をしてしまい、そこから気まずい状態になっていました。

そんな白石に緋山は『調子のいい励まし。部屋見つかったっていったでしょ。問題なかったとしても帰るのは私一人の部屋。』と言います。白石の家に居候をしていた緋山でしたが昨日の出勤前に部屋が見つかったことを白石に報告していました。

そんな緋山に白石は『そうね。昨日は何週間かぶりに落ち着いて眠れたわ。・・・でも、淋しかった。少し・・・結構さびしかった・・・昨日、誰もいない家に帰って気づいた。部屋を貸して救うわれていたのは私の方だったんだ。この数週間辛いこともあった。正直私には責任が重すぎると感じる仕事も続いたし、そんな時誰かに話を聞いてもらいたいと思う。その相手は緋山先生がいい。』と心の内を打ち明けます。

緋山も昨日の言い争いの件を謝ります。そして緋山は白石に『ありがとう。調子のいい励ましでもうれしい。』とお礼をいいます。
 
 緋山の結果がでました。緋山は感染していませんでした。堀内の死因は毒蛇に変われたことが原因なことも分かりました。
 
緋山が隔離から解放されると、名取が緋山を待っていました。名取は緋山に謝ろうとしますが、緋山は『気にしなくてもいい。』といいます。それでも気にする名取を緋山は気遣います。そんな緋山に名取は『緋山先生が死ななくてよかったと。』と泣き出してしまいました。
 
今回、緋山が隔離されている間、白石と藍沢と藤川が他の重症患者の処置をしている間に急変した患者がいたのですが、フェローの3人で対応し患者の危機を救ったりとフェローの成長も見れました。

そして白石と緋山も仲直りをし、同居を継続することになり、二人の友情??も再確認することもできました。
さらに、緋山と緒方のデートも!!
 
3rdシーズンの最終話まで残り少しです。天野奏(田鍋梨々花)ちゃんのことや橘先生と三井環奈(りょう)先生の長男、優輔(歸山竜成)の病状など気になることはまだまだあります。

最終話に向けてどのようなストーリになっていくかが大変楽しみです。

この記事でご紹介させて頂く内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他のコードブルー3関連記事】

コードブルー3rd seasonSTORY7感想|最後は灰谷が負傷!次回はいったいどのような展開に?

コードブルー3rd seasonSTORY6感想|灰谷と名取の成長を大きく感じた回でした

コードブルー3rd seasonSTORY5感想|奏の麻痺が残るのかが気になります・・・

コードブルー3rd seasonSTORY4感想|奏の手術成功を祈ります

コードブルー3rd seasonSTORY3感想|今回は14歳の天才ピアニスト患者の話です

コードブルー3rdseason第2話感想|さっそくぶつかる藍沢と白石

月9ドラマコードブルーシーズン3感想|長女の目指す医師のやりがいに大変さがよくわかります

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする