ドクターX外科医大門未知子視聴率は20%越えの第1話感想|志村病院長は良かったのに・・・

Pocket

ドクターX外科医大門未知子視聴率は20%越えの第1話感想|蛭間さんのしぶとさには感服!

ドクターX外科医大門未知子第1話感想

ドクターX外科医大門未知子視聴率は20%越えの第1話感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

目指せ中学受験!サイト管理人のコッコママと申します。

我が家の中学受験生のコッコちゃんが中学受験を目指すきっかけとなったドラマドクターXがまた始まりました。

この記事では10月12日に放送されたドクターX外科医大門未知子の第1話の内容と感想から

  • ドクターX外科医大門未知子視聴率は20%越えの第1話感想|東帝大病院の新病院長は女医の志村
  • ドクターX外科医大門未知子視聴率は20%越えの第1話感想|オペをロボットで?
  • ドクターX外科医大門未知子視聴率は20%越えの第1話感想|志村病院長良かったのですが1話で退任です・・・

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドクターX外科医大門未知子視聴率は20%越えの第1話感想|東帝大病院の新病院長は女医の志村

ドクターX外科医大門未知子視聴率は20%越えの第1話感想

ドクターXの第1話は未知子がロッククライミングをしているシーンから始まります。

その後露天風呂でくつろいでいるところを見ると、どうやら未知子は温泉旅行中のようです。

そしてそこに何と蛭子能収さんが入ってきて、そこが男風呂であった事に気づく未知子。

その後蛭子さんと未知子のみが乗客のバスが急に蛇行運転をします。

何事かと思いきや、バスの運転手さんが急に意識を失っていたようで、急いで何とかバスを安全に停車させた未知子は運転手さんを診て、偶然通りかかった車に急患なのでと助けを求めるとその偶然通りかかった女性が別の車を用意してくれて麓には病院があるからと乗せてくれました。

その病院では応急措置しかできなかったため、後日再度オペが必要であると未知子は言います。

そしてなんと偶然取り掛かった女性は、現東帝大学病院の病院長である志村まどかだったのでした。

前病院長の蛭間は、知床にある分院に左遷された上に査問かけられていました。

そして数々の不正が発覚し、現在の知床分院の病院長の座も追われる事に・・・。

未知子に救われたバスの運転手さんは車田という名前で、東帝大病院へ入院することに、そして志村は未知子と契約をかわそうとします。

未知子を知る、海老名や副院長の猪又は反対しますが、腕のあるものに肩書は関係ないという考えの志村は未知子を雇ってしまうのでした。

ドクターX外科医大門未知子視聴率は20%越えの第1話感想|オペをロボットで?

ドクターX外科医大門未知子視聴率は20%越えの第1話感想

車田のオペは当然自分がするものであると思っていた未知子ではありますが、志村は何とアメリカハーバード大の教授のマクソン教授に遠隔でオペ支援ロボットを使い行うと言い出します。

そしてそれを聞き白けてカンファレンス中に昼食へ行った未知子を尻目に今後は御意と言う返事も禁止すると皆に伝えるのでした。

クリーンなイメージを貫こうとする新しいタイプの志村はこれまでにない病院長のようです。

そして昼食を食べに行った未知子はそこでジャーナリストの一色と言う男と出会い、一色は未知子の目の前で倒れてしまい東帝大病院へ運ばれる事に・・・。

一色は右心室に腫瘍があり、その事を本人も知っていて、今までどの医師にも全摘出は不可能と告げられているとの事。

未知子は私なら出来ると一色を説得します。

しかし志村病院長は、一色のオペをマクソン教授に、未知子には車田のオペを頼みたいと言います。

渋々了承した未知子。

そして一色に車田のオペは同時刻に開始されました。

ドクターX外科医大門未知子視聴率は20%越えの第1話感想|志村病院長良かったのですが1話で退任です・・・

ドクターX外科医大門未知子視聴率は20%越えの第1話感想車田の未知子が執刀するオペの助手は、温泉地の麓にある病院から志村に誘われてきた医師。

腕の方はあまり・・・みたいで失敗を繰り返し未知子の足を引っ張っています。

そしてマクソン教授のロボットを使っての遠隔のオペを見学している多数の医師から応援に3名来てもらい未知子はオペを続行します。

そんな中マクソン教授も、オペをミスしてしまい出血で画面が見えなくなりオペ続行不能となってしまいます。

志村は術式を変更するよう命じますが猪又に海老名はお互い難しいオペなので執刀したくないと言い誰が執刀するかもめているところに志村自らがオペ着に着替えてオペ室に入ってきました。

見事な腕前でオペを進めて行く中、右心室を開いた所思いのほか腫瘍が広がっていて、オペ続行が不可能なように思われます。

しかし何としてもオペを続けて腫瘍の全摘出をしたい志村は右心室を閉じることを躊躇していると海老名に猪又が志村を嗜めます。

仕方なく閉じようとした所、そこに車田のオペを終わらせた未知子が入ってきます。

閉じないで!と叫びオペをいつもの如く奪い取り引き継ぎオペを始めました。

未知子を知る海老名は「さすがデーモン。相変わらずすげえ・・・」と驚嘆の声をあげていました。

そして無事に一色、車田両方のオペを終えた未知子に志村も「大門先生ありがとう」と謝辞を述べます。

私は志村は今までになく良い病院長だなと思っていました。

しかし・・・なんと志村は一色と不倫関係にあったらしく、クリーンな病院運営をする志村を疎ましく思っていた医師会の会長を始めしぶとく暗躍していた蛭間にも嵌められた形でマスコミに売られてしまいます。

そしてたった1話で病院長を辞めることになった志村。

また蛭間が病院長へ返り咲きドクターX大1話は終わりました。

志村先生は今後も出てくるのでしょうか?

今までに無い未知子を認めてくれていそうな医師だけに今後も違った形で活躍を期待する所です。

ドクターX大1話の内容に感想は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。