ドラマ母になる第7話感想|上牧絵美は現在もネグレクト!?沢登の狙いは何?

Pocket

ドラマ母になる第7話感想|ジャーナリスト沢登に付きまとわれている門倉麻子

ドラマ母になる第7話感想門倉麻子上牧絵美沢登

ドラマ母になる第7話感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

目指せ中学受験!サイト管理人のコッコママと申します。

コッコちゃんの中学受験勉強に付き合う息抜きに見始めたドラマ母になるですが、母完全にハマってしまっています。

今回の第7話も新しい登場人物なども出てきて非常に興味深い内容でした。

この記事ではドラマ母になる第7話の感想から

  • ドラマ母になる第7話感想|結衣さん対門倉麻子
  • ドラマ母になる第7話感想|広君から結衣さんへの誕生日プレゼント
  • ドラマ母になる第7話感想|上牧絵美は現在でも連れ子にネグレクト状態?そして門倉麻子に迫るジャーナリスト沢登の狙いは何なのか?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ母になる第7話感想|結衣さん対門倉麻子

ドラマ母になる第7話感想門倉麻子上牧絵美沢登

ドラマ母になる第7話は柏崎オートで雇う事となった門倉麻子さんと分かり合おうとする柏崎結衣さんが柏崎家で話し合いをするシーンから始まりました。

結衣さんのママ友のりさ子さんも同席しています。

結衣さんは現在の広君の状況を門倉さんに説明していきます。

今も父親と釣りへ行っていて、最初から広君と陽一さんの関係は良好だったの。

男同士だからかな?

と現在柏崎家での広君は順調に家族として親子としてやっていっているという事を伝えます。

そんな結衣さんに門倉さんは

『申し訳ありませんでした!』

と何度も謝るだけで、その理由を里子さん(陽一の母)から結衣さんが、広君が居なかった間にどんなにひどい目にあっていたかを聞いたからだと説明します。

結衣さんは広君を誘拐した、陽一の元生徒の親が、マスコミを相手に記者会見を開き、土下座をしながら謝罪し、賠償金を1億でも2億でも支払うと言った事から、徐々に世間では被害者である結衣さんが、子どもを利用してお金を儲けようとしているとかネグレクトだとか根も葉もないうわさが広まり悪者にされていっていたとの事を聞いたという。

しかし結衣さんは、真剣に謝っているように見える門倉麻子にもうあなたを責める気はないと言い、広君から麻子がお好み焼きが好きだったと聞いたと言い、りさ子さんと3人でお好み焼きを食べて親睦を深めようとしていたが、麻子は許してもらえたと聞くと急に口調が変わり、確認ですが柏崎オートでは雇ってもらえるのですよね?とそれだけ確認してお腹が空いていないのでと帰ろうとします。

それを見て先ほどのしおらしい謝罪は嘘だったと思い、怒る結衣さん。

柏崎オートで働こうとしたのも広君が居たからでしょ!とりさ子さんも詰め寄ります。

最後は結衣さんと麻子さんのお互いが母親であるという主張のぶつけ合いで、結衣さんが麻子さんを平手で打ってしまい、結局門倉麻子さんは柏崎オートでは働けなくなりました。

ドラマ母になる第7話感想|広君から結衣さんへの誕生日プレゼント

ドラマ母になる第7話感想門倉麻子上牧絵美沢登

門倉麻子さんが柏崎家から帰宅して、その後、陽一さんと木野さんと一緒に釣りに行っていた広君が帰ってきます。

いきなり結衣さんの背後からクラッカーをならす広君。

誕生日おめでとう!

と結衣さんの誕生日をお祝いしようとしていたみたいの広君。

お父さんに聞いたんだけど、誕生日プレゼントは物より、自分が居なくなる前にお遊戯会で見せるはずだったチュウタの大冒険を踊るから見てほしいという広君。

なんと陽一さんと木野さんまで巻き込み3人でチュウタの大冒険を踊り始める広君。

大の大人2人に中学生の男の子が幼稚園児のお遊戯を踊る姿は少し滑稽にも見えますが、涙ぐみ嬉しそうに見ていた結衣さん。

3歳の時の広君のことを思い出せ幸せそうでした。

ドラマ母になる第7話感想|上牧絵美は現在でも連れ子にネグレクト状態?そして門倉麻子に迫るジャーナリスト沢登の狙いは何なのか?

ドラマ母になる第7話感想門倉麻子上牧絵美沢登

その夜はどうやら柏崎家に泊まった児童施設の担当の木野さん。

翌朝、木野さんが帰ろうとすると、柏崎オートに1人の女性客が赤の車を修理に出しに来ます。

その女性客は、上牧絵美(かんまきえみ)(大塚寧々さん)と名乗りその名前を聞き帰りかけていた、木野さんが戻ってきます。

上牧さんは、実は木野さんがカードホルダーに入れている110円に思い出の子、かんちゃんのお母さんだったのでした。

再度柏崎オートに戻りお茶を出してもらい思い出話をする2人。

木野さんの子どもの頃の親友だったジュースを奢ってくれようとした【かんちゃん】はどうやら子どもの頃にチキンレースという遊びをして頭を強く打ち亡くなっていたのでした。

そして頭を強く打ち、帰宅した時に当時ネグレクト状態だった、上牧絵美さんが居なくて病院へ見せるのが遅れてたのが原因で亡くなったとの事。

上牧絵美さんが実は連れ子が3人いる男性と結婚すると聞き、少し不安気な表情を見せる木野さんに今の私は昔とは違うわ安心してと笑顔で言う上牧絵美さん。

しかし2人が柏崎オートから帰って行ったあと陽一が結衣を呼び、上牧さんが修理で預けていった車のトランクの中を見せると、そこには大量のゴミやら子ども用の服やらが詰め込まれていました。

私はもしかしてまだネグレクトが改善されていないのでは?と思いましたがきっと木野さんと上牧さんの話を聞いていた結衣さんも同じように思ったと思います。

そして場面は変わり最後に、柏崎オートで雇ってもらえない事になった門倉麻子さんが1人で繁華街をあるいていると、前回から門倉さんをつけ狙うジャーナリストの沢登が門倉さんのところに現れます。

柏崎広君の育ての親の門倉さんですよね?

と言い無視していこうとする門倉さんに、3年前の話を聞かせてくださいよ、それとも9年前の話からしましょうか?

と意味深な口調で引き止める。

ここでドラマ母になる第7話は終了でしたが次回ドラマ母になる第8話では沢登の狙いもわかってくるかと思います。

それではまた来週を楽しみに待ちたいと思います。

この記事でのご紹介は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

【その他のドラマ母になる関連記事】

ドラマ母になる第6話感想|門倉麻子が2年間服役していた理由

ドラマ母になる第5話感想|門倉麻子は殺人で服役していた!?

ドラマ母になる第4話感想|あなたの事をお母さんとは思えません

ドラマ母になる第3話感想|コウ君のママ門倉さんは2年間刑に服していた!?

ドラマ母になる第2回感想|親子の再会めちゃくちゃになっている人間関係

ドラマ母になる第1回の感想|初回から泣きそうになるシーンが多くありました

ドラマ母になるが4月12日から始まります|受験生ママの僅かな楽しみ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする