ドラマ母になる第8話感想|門倉麻子が人を刺し自分が施設に預けられる事を知った広君は!?

Pocket

ドラマ母になる第8話感想|上牧絵美はやはりネグレクトが治っていませんでした

ドラマ母になる第8話感想|

ドラマ母になる第8話の感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

目指せ中学受験!サイト管理人のコッコママと申します。

この記事ではドラマ母になる第8話の感想から

  • ドラマ母になる第8話感想|広君は勉強がめちゃくちゃできる!
  • ドラマ母になる第8話感想|上牧絵美とジャーナリストの沢登はグルでした!
  • ドラマ母になる第8話感想|門倉麻子が人を刺し服役していた事を知った広君は?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ母になる第8話感想|広君は勉強がめちゃくちゃできる!

ドラマ母になる第8話感想

ドラマ母になる第8話は結衣さんが広君の担任の先生に学校に呼び出される所から始まります。

結衣さんは広君が何かしでかしたのかな!?と思い焦りながら学校へ行きますが、担任の先生は広君のテストの答案用紙を見せ、めちゃくちゃ成績が良く褒めてくれました。

数学なんかは100点で、数学コンテストの学校代表になって欲しいと頼まれるくらいで、先生はお母さんの育て方が良かったと褒めてくれますが複雑な結衣さん。

そんな結衣さんに、広君の育ての親の門倉麻子さんから電話が入ります。

門倉麻子さんは結衣さんに、自分はジャーナリストに調べられていてもうすぐ2年前の事(門倉麻子が人を刺し服役する為に広君を施設に預けなくてはいけなくなったこと)が記事になるかも知れないので、広君には嘘をついてごまかして欲しいと言います。

結衣さんは考えさせて頂きますとこたえ施設の木野さんに相談します。

木野さんは子どもを信じる力が大切、本当の事を話すか話さないか話すタイミングはお任せしますとアドバイスをくれました。

ドラマ母になる第8話感想|上牧絵美とジャーナリストの沢登はグルでした!

ドラマ母になる第8話感想

そんな時、門倉麻子さんは前回の母になる第7話で柏崎オートに車の修理を頼みに来た上牧絵美さんと自分を調べているジャーナリストの沢登が何やら話しているのを偶然見かけます。

上牧絵美さんは沢登とグルになり沢登が門倉さんから、上牧絵美さんは柏崎家から広君をめぐった一連の事の情報を引き出そうとしていてグルだと知ります。

そして木野さんは柏崎家に訪れ上牧さんが預けていった赤の車のトランクの中の子供服や大量のごみをみつけまだ上牧絵美さんがネグレクトを続けているのだと感づく。

上牧絵美さんをつけていた門倉麻子さんは上牧さんの自宅でゴミ屋敷のような自宅で1人いるリュウ君を発見し木野さんに連絡します。

上牧さんの家を訪れリュウ君を保護する木野さん。

柏崎オートで上牧さんを事情聴取する施設の木野さんに上牧さんは自分は何も悪くないような口ぶりで開き直ります。

木野さんはそんな上牧さんに自分の幼馴染も同じようにしていた事も含めて怒りをあらわにします。

結局木野さんの勤務する施設でリュウ君は保護されることになりました。

ドラマ母になる第8話感想|門倉麻子が人を刺し服役していた事を知った広君は?

ドラマ母になる第8話感想

この時、(門倉麻子さんが柏崎家を訪れているとき)広君は里恵さん(陽一の母、広君の祖母)の家に預けられていました。

広君は無邪気に里恵さんにいろいろな質問をしていきますが、最後に広君は2年前に自分が施設に預けられるようになったのはどうしてなの?

と聞きます。

凍りつく里恵さんに一緒にいた琴音さん。

しかしこの時は、後で陽一さんが言うには2人ともシラをきり上手くごまかしたらしいです。

しかし結衣さんは陽一さんに広君にはやはり本当の事を話そうと思っている事を相談します。

陽一さんも門倉麻子さんは自分と広君が暮らしていた時のことを思い出にしたいだけで、そこに他人に入り込まれたくないだけだと言い、結衣さんが広君に施設に預けられた原因となったことを話すのに賛成します。

そして陽一さんが広君を呼んできて本当の事を話す結衣さん。

広が施設に預けられるようになったのは、門倉麻子さんが人を傷つけて服役することになったからなの・・・

広君は陽一さんを見て

『マジで?』

と聞きますが陽一さんは黙ってうなずきます。

しかし広君はそれだけ?話ってそれだけなの?と言いまた自分の部屋に戻っていきやけにあっさりしていました。

翌日結衣さんは門倉麻子さんに

  • 広君に本当に事を話した
  • あなたとはもう今後会う気もない

という事を伝えました。

しかし門倉麻子さんと話し終えた時に結衣さんに学校から連絡が入り広君が登校していないとの事。

急ぎ広君のスマホに連絡を入れる結衣さん。

そして門倉麻子さん。

電話は出ませんでしたが、折り返し門倉さんの電話にかかってきます。

しかしかけて来たのは広君ではなく知らない女の子でした。

ここで母になる第8話は終わりますが、広君と一緒に居た女の子は一体誰だったのでしょう?

広君が学校に行かなかった理由は本当に結衣さんが本当の事を話したからなのでしょうか?

次回母になる第9回が楽しみですね。

母になる第8回の感想は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他の母になる感想記事】

ドラマ母になる第7話感想|上牧絵美は現在もネグレクト!?沢登の狙いは何?

ドラマ母になる第6話感想|門倉麻子が2年間服役していた理由

ドラマ母になる第5話感想|門倉麻子は殺人で服役していた!?

ドラマ母になる第4話感想|あなたの事をお母さんとは思えません

ドラマ母になる第3話感想|コウ君のママ門倉さんは2年間刑に服していた!?

ドラマ母になる第2回感想|親子の再会めちゃくちゃになっている人間関係

ドラマ母になる第1回の感想|初回から泣きそうになるシーンが多くありました

ドラマ母になるが4月12日から始まります|受験生ママの僅かな楽しみ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする