ドラマ母になる第1回の感想|初回から泣きそうになるシーンが多くありました

Pocket

ドラマ母になる第1回の感想|今後の展開が楽しみです

ドラマ母になる第1回感想ドラマ母になる第1回感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

目指せ中学受験!サイト管理人のコッコマと申します。

長女コッコと中学受験勉強を一緒にやり始め、週1回のストレス解消と昨日4月12日から見始めたドラマ【母になる】ですが、主演の沢尻エリカさんにご主人役の藤木直人さんが初回からの熱演でグッとくるシーンが多々ありました。

この記事ではドラマ母になる第1回感想から

  • ドラマ母になる第1回感想|序盤は笑えるシーンもありましたが・・・
  • ドラマ母になる第1回感想|小池栄子さん演じる門倉さんの存在が気になります
  • ドラマ母になる第1回感想|陽一さんは今琴音さんと暮らしている?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ母になる第1回感想|序盤は笑えるシーンもありましたが・・・

ドラマ母になる第1回感想ドラマは開始早々、柏崎結衣さん(沢尻エリカさん)と柏崎陽一さん(藤木直人さん)のお子様。柏崎広(かしざきこう)君を捜索されているシーンから始まり、その後結衣さんの回想シーンに移行していきます。

回想シーンでは2人が出会い、広君を授かるまでを速い流れで進んでいき、途中、陽一さんが転んで結衣さんにぶつかり、結衣さんの顔にケーキが、お笑いのコントのようにぐしゃっとついてしまったりして笑ってしまいました。

その後、広君が生まれ陽一さんのお母さんの柏崎里恵さん(風吹ジュンさん)も本当に良いお姑さんで、温かく迎え入れられ幸せな家庭を築いてくように見えました。

結衣さんが、3歳になった広君に手作りのトレーナーをつくってあげ、名前を胸に刺繍するときにKUOと刺繍してしまい、本来ならKOかKOUでコウと読ませたかったのでしょうが、間違いを陽一さんが指摘して少しの間、広君が『クオ』と呼ばれていたのも笑いました。

しかしこの笑いをとったトレーナーが後に、笑えない状態でみつかります。

幼稚園に広君を迎えに行っていた結衣さんが、本当に本当に本当にほんの一瞬だけ目を離した隙に広君が見当たらなくなってしまいました。

これくらい・・・

私も長女や次女を何度もこれ以上目を離してしまったことなどありました。

こんな一瞬で連れ去られたら結衣さんの責任ではないと正直思いました。

そして、このあたりでここ最近連続幼児連れ去り事件が起きていて、犯人らしく男が逮捕されますが、その犯人は広君を連れ去っていないとの事。

広君は見つからないまま、捜索は続き池からあの【KUO】トレーナーが見つかります。

祖母の里恵さんに陽一さん、結衣さんも大きくショックを受けるなか、犯人から陽一さんに電話がかかってきます。

犯人は陽一さんが准教授をする大学の生徒。

自分を相手してくれない陽一さんを逆恨みしての理不尽極まりない犯行でした。

結局その生徒は屋上から飛び降り、広君は見つからないまま消息も不明のまま月日は流れます。

ドラマ母になる第1回感想|小池栄子さん演じる門倉さんの存在が気になります

ドラマ母になる第1回感想広君がまだ、行方不明になった2008年のシーンで、スーツ姿のキャリアウーマン風の小池栄子さん演じる門倉麻子がその当時住んでいたアパートの隣の部屋(おそらく陽一さんの生徒が住んでいた?)で泣いている広君を発見するのです。

そのシーンはそれ以上描写がありませんでしたが、おそらく門倉麻子が広君を助けて、警察にも報告せずに自分で育ててしまったのでしょう。

この時、私のただの独断での予想ですが門倉麻子は子供が欲しくて、広君の事を警察に報告できなかった?

もしかして想像妊娠していたりしていた?(想像妊娠でつわりのような・・・ただの咳のようにも感じましたがあそこのあんな咳のようなお芝居を入れるには何か意味があるのではと・・・?)

次回以降を見て見ないと門倉麻子の動機はわかりませんがこれから大きくかかわってくる女性でしょうね。

ラストのシーンでは広君もうずいぶん大きくなっていましたから、その間に何があったのかも気になる所です。

ドラマ母になる第1回感想|陽一さんは今琴音さんと暮らしている?

ドラマ母になる第1回感想そしてもう1つ気になる所がありました。

結衣さんは現在では中華料理店で働いていましたが、どうも1人暮らしをしているような感じでした。

では陽一さんは?

陽一さんも最後に少し出てきていましたが、なんとあのは陽一さんのお母さんが経営してた柏崎オートで勤務していた緒野琴音(高橋メリージュンさん)と一緒に暮らしていそうな感じでした。

もしかして、広君が居なくなったことで夫婦仲までダメになってしまったのでしょうか?

子は鎹という諺が私は頭に浮かびました。

しかし、そうだとして陽一さんと琴音さん2人だけで暮らしているのか、広君が居なくなったショックで少しおかしくなったように見える陽一さんのお母さんの里恵さんをほっておけないというきっかけから、3人で暮らしているのかその辺もまだわからないだけに非常に気になりました。

しかし初回だけではまだわからない部分だらけで今後の展開を楽しみにするしかなさそうです。

何か視聴率もあまりよくなく、厳し後意見も目にしますが私的には初回から泣きそうになるシーン(広君と結衣さんの再開のシーンとか)もありまして面白かったと思います。

また次回以降も感想をご紹介させて頂く予定です。

この記事でのご紹介は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

【ドラマ母になる関連記事】

ドラマ母になるが4月12日から始まります|受験生ママの僅かな楽しみ

ドラマ母になる第3話感想|コウ君のママ門倉さんは2年間刑に服していた!?

ドラマ母になる第2回感想|親子の再会めちゃくちゃになっている人間関係

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする