ドラマ母になる第2回感想|親子の再会めちゃくちゃになっている人間関係

Pocket

ドラマ母になる第2回感想|12歳になっていたコウ君は凄く良い子でしたが・・・

ドラマ母になる第2回感想ドラマ母になる第2回感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

目指せ中学受験!サイト管理人のコッコママと申します。

ドラマ母になるを前回の第1回放送から中学受験勉強の息抜きに見ている母ですが、この記事ではドラマ母になる第2回を実際に見た感想から

  • ドラマ母になる第2回感想|再会シーンでは・・・
  • ドラマ母になる第2回感想|ご主人の陽一さんは腑抜け状態で・・・
  • ドラマ母になる第2回感想|結衣さんと陽一さんは夫婦に3人は親子に戻るには今後様々な障壁がありそうで・・・

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ母になる第2回感想|再会シーンでは・・・

ドラマ母になる第2回感想母になる第2回の放送はコウ君と結衣さんの再会のシーンからでした。

いきなり親戚のおばさんは驚きましたが、コウ君の児童施設の周囲の子を気遣っての優しい発言であったと知りホッと一息でした。

その後電話ではコウ君からお母さんと呼んでもらえた結衣さんは嬉しそうで、3歳の時に失ったと思っていたわが子が12歳になりしかも元気そうで精神状態も普通であったと分かっただけでも本当に嬉しいのだろうなと母親として凄く感情移入してしまいました。

児童施設の方が、コウ君が生きていることを知らせに結衣さんの元ご主人(結衣さんと陽一さんは離婚されているみたい)コウ君の父親である陽一さんの所へ知らせに行こうとしますが、現在陽一さんと一緒に暮らしていることねさんに追い返されてしまいます。

ドラマ母になる第2回感想|ご主人の陽一さんは腑抜け状態で・・・

ドラマ母になる第2回感想現在陽一さんはことねさんと一緒に暮らしていますが、引きこもり状態で腑抜けのようになっています。

しかも、結衣さんは元ママ友の、りささんに、良い事があったような表情で胸がいっぱいと一緒に食事中に報告。

結衣さんに彼氏が出来たと勘違いしたりささんから陽一さんに伝わってしまいます。

コウ君は結衣さんのアパートに来て幼いころに自分が書いた絵を見せられ、幼いころの自分の話を聞かされ一泊していきます。

そのころ結衣さんの元主人の陽一さんはやっと施設の人からコウ君が生きていて無事でいることを聞かされる。

腑抜けいた陽一さんにも徐々に生気が戻っていきます。

電話で陽一さんと結衣さんは話すがなぜか敬語(笑)

しかし結衣さんに良い人が出来たという勘違いだけは解けて翌日施設で会おうという事になり電話を切ります。

そして翌日、施設でコウ君に届いたある手紙の話を陽一さんから聞く結衣さん。

その手紙には、3歳の頃に連れ去りに合い今日までの事について手掛かりになる事が書かれていると知り見たがる結衣さん。

半ば強引に施設に人に詰め寄り手紙を読んだ陽一さんと結衣さん。

手紙の差出人は門倉麻子と言う人でコウ君の母として3歳から7年間暮らしていた事を知る2人。

このあたりで私は実際にわが子が3歳で急にいなくなりそしてまら12歳になり目の前に現れた時の心境と言うものは嬉しいのかパニックなのかどんな心境なのか想像もつきませんでした。

ドラマ母になる第2回感想|結衣さんと陽一さんは夫婦に3人は親子に戻るには今後様々な障壁がありそうで・・・

ドラマ母になる第2回感想門倉麻子さんのコウ君にあてた手紙の内容には下記のような事柄が書かれていました。

  • ママはママじゃなくなる日が来る
  • 新しいお母さんが来る
  • 新しいお母さんにはキチンとご挨拶をすること
  • その時には涙ぐむと良い
  • 相手はいきなり抱き着いてくるかも知れないが嫌がらないように
  • 一緒に暮らそうと言われたら逆らわない事
  • 要はその人はコウの事を何も知らないから笑って優しくしてあげなさい
  • 食事は何を出されてもおいしいといい食べること
  • ママとコウだけの秘密はいっぱいあるから忘れないでください

これが門倉麻子さんからコウ君にあてられた手紙の内容なのですが、正直実の母としてわが子にあてられた内容の手紙にこのような事を書かれていたら私でしたら怒り心頭馬鹿にしないで!って気にもなりますが、その反面可愛がって大事に育ててくれていたのだとも感じ非常に非常に複雑な気持ちでしょうね。

実際にそんなことになったわけではないので感情移入をしたうえでの想像の域を出ませんがそんな複雑な心境なのかな?

と感じました。

そして結衣さんは陽一さんに手紙を読んだ後、コウ君と一緒に暮らす事を宣言します。

今日登場当初はかなり腑抜けていた陽一さんでしたがこのころには少ししっかりしてきていて、最後にはコウ君が好きといっていたアプリゲームのツナツナ3は自分の方が上手くコウ君と出来るから自分も一緒に暮らすと・・・

結衣さんと陽一さんは夫婦に戻れるのか?

3人は親子に戻れるのか?

門倉麻子さんとことねさんという障壁が立ちはだかりそうですし、最後の麻子さんと電話するコウ君の表情は完全に麻子さんが大好きな表情でした。

次回以降また様々な問題点や複雑な人間関係が出てきそうで早く次回が見たいなと既に思ってしまいました。

ドラマ母になる第2回の感想は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他の母になる関連記事】

ドラマ母になる第1回の感想|初回から泣きそうになるシーンが多くありました

ドラマ母になるが4月12日から始まります|受験生ママの僅かな楽しみ

ドラマ母になる第3話感想|コウ君のママ門倉さんは2年間刑に服していた!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする