人は見た目が100パーセント第2話感想|お洒落の勉強になります


人は見た目が100パーセント第2話感想|長女と共に母も女子力をアップしようと思います

ドラマ人は見た目が100パーセント第2話感想人は見た目が100パーセント第2話感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

目指せ中学受験!サイト管理人のコッコママと申します。

先週から長女コッコちゃんと一緒に見始めた、ドラマ人は見た目が100パーセントですが、この記事では人は見た目が100パーセント第2話の感想から

  • 人は見た目が100パーセント第2話感想|結婚式招待されている母にも参考になりました
  • 人は見た目が100パーセント第2話感想|クラッチバックのシーンでコッコちゃん大笑い
  • 人は見た目が100パーセント第2話感想|イヤリングのシーンも為になりました

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人は見た目が100パーセント第2話感想|結婚式招待されている母にも参考になりました

ドラマ人は見た目が100パーセント第2話感想

≪人は見た目が100パーセント第2話感想≫

長女コッコちゃんと2017年春ドラマ≪人は見た目が100パーセント≫第2話を一緒に見てみました。

第2話は第1話以上にかなりギャグが連発されており、一緒に見ていたコッコちゃんはドラマを見ている間ずっと大笑いばかりしていました。

母もギャグメインのこのドラマはかなり笑えるので大変気に入っており、本当に気分転換になってよいドラマだと思います。

そして母も子供を産んでからはかなり無頓着になっているお洒落や流行の勉強になります。

第2話のメインストーリは桐谷美玲さん演じる城之内純が結婚式に新婦側の親戚として出席することになります。

その結婚式には新郎側の参列者として城之内純のあこがれの上司であるクレエラジャパンの凄腕統括マネージャー・松浦栄子(室井滋)も出席することになっており、しっかりドレスアップしていかないとマズイことになると同僚に忠告され、城之内純(桐谷美玲さん)、前田満子(水川あさみさん)、佐藤聖良(ブルゾンちえみさん)がパーティーファッションの研究を開始するというお話です。

たしかに結婚式に招待されたときのパーティーファッションって迷いますよね。

実は母はかなり先の話になるのですが、来年のゴールデンウィークあたりに結婚式を挙げるので出席してほしいと元同僚(現在は女子会友達)に一人に招待されています。

来年に参列させて頂く結婚式の為に、母も≪人は見た目が100パーセント≫の第2話を見て勉強したいと思います。

人は見た目が100パーセント第2話感想|クラッチバックのシーンでコッコちゃん大笑い

ドラマ人は見た目が100パーセント第2話感想

女子力ゼロのいわゆる【女子モドキ】である城之内純、前田満子、佐藤聖良は城之内純が結婚式に新婦側の親戚として出席することになりパーティーファッションの研究を開始します。

まずは【ビューティー研究 その4 パーティーファッション】からです。

城之内純は結婚式会場であるレストランでレンタル衣装を借りれるということを知りレンタルドレスを借りることになりました。

結婚式に着ていく衣装ってやはり借りることが多いですよね。

パーティードレスを着る機会なんてなかなかないので買うのも勿体無いという思いから、母もパーティードレスを持っている友人よりドレスを借りて出席していたことを思い出します。

城之内純、前田満子、佐藤聖良はドレスのレンタルショップのスタッフにノースリーブのパーティードレスを進められます。

ドレスがノースリーブだった為、ガーデンパーティなので今の季節まだ寒いのではないかと質問したところ、

『快適さと美しさは必ず共存するものではありませんよ。』

『お洒落の基本は我慢ですから。』

と言われてしまいます。

お洒落の基本は我慢・・・

そう言えば母も昔は〔お洒落は気合いだ〕といって色々と頑張っていた気がします。

確かにお洒落の基本は我慢ですね。

【ビューティー研究 その5 クラッチバック】パーティードレスに合わせるならクラッチバックだそうです。

クラッチバック・・・

見たことはありましたが母は初めて名前を知りました。

城之内純、前田満子、佐藤聖良はクラッチバックには荷物をパンパンに詰め込んではいけないことやクラッチバックの持ち方があることに衝撃を受けます。

前田満子がトイレへ行きクラッチバックの置き場が無くかなり焦ってしまうシーンも大変面白く大笑いしてしまいました。

ちなみにコッコちゃん一番の笑いのシーンでした。

人は見た目が100パーセント第2話感想|イヤリングのシーンも為になりました

ドラマ人は見た目が100パーセント第2話感想

城之内純、前田満子、佐藤聖良の三人は、國木田(鈴木浩介)や庶務課の香澄(足立梨花)、美優(岡崎紗絵)にも助言を求めます。

そこでイヤリングを進められます。前田満子が

『イヤリングは古いでしょ、ピアスでしょう。』

と反論すると國木田より

『解ってないのはそっち。』

と言われてしまいます。

今は【ノンホールピアス】【イヤーフック】【イヤーカフ】というタイプのイヤリングが流行っているそうです。

前田満子が

『昔はピアスが絶対定期お洒落だったのに・・・』

とショックを受けていました。

確かにそうです母の時代はピアスがお洒落だったです。

母も友人の結婚式に出席するのにお洒落をする為ピアスの穴をあけました。

母がピアスの穴をあけたきっかけは友人の結婚式でした。

今は痛い思いをしてピアスの穴を開ける必要がないなんてなんて良い時代になったのでしょう。

今回母はイヤリングに関してのシーンが大変ためになりました。

そして結婚式に出席する城之内純のために香澄と美優が人気美容室『ルーチェ』の美容師・榊圭一(成田凌)にヘアメイクの予約を取ってくれます。

美容室に行くが結局ヘアメイクをせず美容室から逃げ出してしまったのですが、結婚式の帰り道で偶然出会った榊圭一に恋をしてしまう城之内純です。

【吊り橋効果】【陽性転移】などという言葉も出ていました。

今後は城之内純の恋の行方も楽しみです。

ドラマ人は見た目が100パーセント第2話の感想は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他の人は見た目が100パーセント感想関連記事】

人は見た目が100パーセントが見たい小6の長女|受験勉強の息抜きに

人は見た目が100パーセント第1話感想|馬渕公開模試も終えたので息抜きに

ドラマ人は見た目が100パーセント第3話感想|オフショルダー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする