過保護のカホコ第7話感想|一君に別れを告げられたカホコ早く次回が見たいです!

Pocket

過保護のカホコ第7話感想|ラストは親戚中に祖母からの衝撃告白も!

過保護のカホコ第7話感想

過保護のカホコ第7話感想についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

目指せ中学受験!サイト管理人のコッコママと申します。

この記事では8月23日に放送されたドラマ過保護のカホコ第7話の内容と感想から

  • 過保護のカホコ第7話感想|祖母の病気は心筋症!
  • 過保護のカホコ第7話感想|祖母の為に親戚いとちゃんの誕生会を開きたがるカホコ
  • 過保護のカホコ第7話感想|一君に別れを告げられたカホコ

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

過保護のカホコ第7話感想|祖母の病気は心筋症!

過保護のカホコ第7話感想

過保護のカホコ第7話は、前回第6話でカホコが祖母が近いうちに亡くなると言うような内容の電話を聞いたところの続きから始まりました。

電話を聞いてしまったカホコはその日1日挙動不審で(元々少しそうですが・・・)翌日も祖母が心配で祖母に家を訪ねます。

祖母はカホコに昨日は、芝居の稽古と嘘をついてごめんなさい。

実はバアバは心筋症で、年齢的に手術を受ける体力もなく近いうちに亡くなるのという事をカホコに伝え、そのうえカホコには他の家族の人誰にも言わないで欲しいと頼みます。

かなり大きな事を抱えてしまったカホコ。

しかし祖母は麦野君には言っても良いと言っていて、しかもカホコが好きな麦野君に会いたいと言いました。

遠慮する麦野君を祖母に会わせるために、祖母の家に連れて行くカホコ。

カホコは祖父に今まで以上に祖母を大切にするように真剣に言い、何のことかわからない祖父。

祖母が心筋症であることを言えないカホコの、急なこの動きはおかしいので、麦野君は気を利かせ祖父の詩吟の話を振り会話を変えてしまいます。

それを見ていた祖母は、しみじみと「良い人ねはじめ君」とカホコに言い、麦野君はカホコの親戚の中で事実上の最高権力者っぽい、カホコの祖母に認められたのでした。

過保護のカホコ第7話感想|祖母の為に親戚いとちゃんの誕生会を開きたがるカホコ

過保護のカホコ第7話感想

カホコの叔母、いずみの妹の節子が祖母が今年もいとちゃんの誕生会をすると言っているのだが、いとちゃんは最近グレていてこないと思うから祖母を止めて欲しいと、いずみに電話がかかってきます。

しかし、祖母が亡くなる事を知っているカホコは、いとちゃんと祖母を会わせてあげたくて、カホコがなんとかいとちゃんを説得するから待ってと言います。

カホコは、はじめ君に相談するもはじめ君には無策でなんでそんな事を引き受けたのかとダメ出しをされます。

はじめ君の言う通りで結局何も良い方法の思いつかないカホコはストレートにいとちゃんを待ち伏せしてお願いするがあえなく撃沈。

そして翌日からも、友達のいる時でさえ、いとちゃんにお願いしいくが、いとちゃんから

「ホームランを打ってくれてあれ(大きなぬいぐるみ)取ってくれたらいいよ」

と言われ、カホコは馬鹿正直に夜遅くなるまでバッティングセンターでホームランを打とうと頑張ります。

そんなカホコの姿を見ていた麦野君は、何か意図があってなのかいとちゃんをデートに誘うのでした。

過保護のカホコ第7話感想|一君に別れを告げられたカホコ

過保護のカホコ第7話感想

いずみはカホコの真っすぐな気持ちに打たれてか、いとちゃんの誕生日会を開催しようと祖母の家で張り切って準備をしています。

そして当日、麦野君はいとちゃんとブラブラ歩きながら着いたのは、祖母の家でした。

そこに駆け寄ってくるカホコ。

手にもっているのは小さなぬいぐるみで、いとちゃんの所望した大きなぬいぐるみではありませんでした。

カホコは一晩中かかってホームランを打とうとしたが結局ヒットしか打てずに、カホコの父まさたかもこれで許してやってくれといとちゃんにお願いします。

結局、親戚一同集まりいとちゃんの誕生日会が開催されて、一緒にいた麦野君も参加することになりました。

しかし、いずみは麦野君にいきなり絡みだします。

麦野君の親の事などを根ほり葉ほり聞くのです。

そんな雰囲気の誕生日会はそこらへんで親戚中の不満が飛び火していって誰彼無しに大喧嘩となってしまいます。

カホコはそんな喧嘩だらけの場所に耐えれずに祖母の家を飛び出してしまうのでした。

追いかけようとした、カホコの母いずみに「彼に任せておきなさい!」と言いうのはカホコの祖母いずみの母。

結局麦野君がカホコを追いかけていきます。

そして祖母はそんな中で、カホコが今日のいとちゃんの誕生日会を、皆の都合など考えず無理矢理開こうしたのは自分の為なの・・・「私はもうすぐ死ぬのです」と親戚中に告白しました。

一方カホコを追いかけて行った麦野君はカホコを慰めますが、結局口論になってしまいます。

カホコがそんなときに「はじめ君には家族が居ないから家族の素晴らしさがわからないんだよ!」と言ってはいけない一言を言ってしまい麦野君に別れを告げられるのでした。

ここで過保護のカホコの第7話は終わりましたが、何故か次回過保護のカホコ第8話ではカホコと麦野君が一緒におそらくはいずみとまさたかに「結婚させてください」と頭を下げているシーンが・・・。

結局別れなかったのでしょうか?

次回過保護のカホコの第8話が楽しみでなりません。

この記事でのご紹介は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

【その他の過保護のカホコ感想記事】

過保護のカホコ第6話感想|家出ラッシュにいずみの実家は大騒動!

過保護のカホコ第5話感想|次はいずみが家出ですか!?

過保護のカホコ第4話感想|初失恋で少しは成長するでしょうか?

過保護のカホコ第3話感想|生まれて初めての母への反発に応援してしまいました

過保護のカホコ第2話感想|従姉妹のいとちゃんが大変な事に!?

過保護のカホコ第1話感想|母親いずみ役の黒木瞳さんが好きなので見てみました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする