大阪北部地震は南海トラフの前触れなのでしょうか?|専門家の考えでは?

Pocket

大阪北部地震は南海トラフの前触れなのでしょうか?|必ず起きると言われているのが本当に怖いです


大阪北部地震南海トラフ前触れ

大阪北部地震は南海トラフの前触れなのでしょうか?についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

目指せ中学受験!サイト管理人のコッコママと申します。

この記事では6月に発生した大阪北部での地震が、南海トラフ大地震の前触れという専門家が少なくない事から、聞きたくもないですが被害予想や予想ではだいたいいつ頃発生すると予想されているのかなどを

  • 大阪北部地震は南海トラフの前触れなのでしょうか?|被害予想は聞きたくもない数字
  • 大阪北部地震は南海トラフの前触れなのでしょうか?|3つの震源域が連動して発生する地震
  • 大阪北部地震は南海トラフの前触れなのでしょうか?|2038年?

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪北部地震は南海トラフの前触れなのでしょうか?|被害予想は聞きたくもない数字


大阪北部地震南海トラフ前触れ

これから30年以内に必ず起きると予想されているのが、南海トラフ巨大地震です。

そして、今回の大阪で起きた地震は、この巨大地震の前触れだと指摘する専門家の声が少なくなく新聞記事やニュースの地震の事を話すコーナーでも聞きかなり怖いと感じさせられています。

もし南海トラフ地震が発生した際の被害は果たしてどれくらいになるのでしょうか?。

政府は人的被害に関して最大で死者32万人、建物等に関する資産の被害額は170兆円と試算しています。

32万人・・・。

恐ろしい人数の人が亡くなってしまうと予測されているわけです。

しかし、6月7日に土木学会が予想したばかりの数字はもっと悲惨な被害総額でした。地震と津波によって被る経済的な損失は20年の長期に亘り、その額は1410兆円を下らないとの事。

政府の試算とは一桁違うのです。

では何故こんなにも同じ地震の専門家同士の予想で差が出るのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする