岡山市中学生無免許運転自損事故に市長『言語道断』|家庭の問題も大きいのではないでしょうか?

Pocket

岡山市中学生無免許運転自損事故に市長『言語道断』|再発は必ず防止しなければいけません


岡山市中学生無免許運転自損事故

岡山市中学生無免許運転自損事故に市長『言語道断』についてこの記事をご覧いただきましてありがとうございます。

目指せ中学受験!サイト管理人のコッコママと申します。

この記事では、7月1日に、岡山市の中学生5人のみで無免許にもかかわらず親の車に乗り自損事故を起こして、同乗していた女子中学生1人が亡くなられた事故について、岡山市の市長が言語道断と会見で仰った事についてを

  • 岡山市中学生無免許運転自損事故に市長『言語道断』|7月3日の市長の会見では
  • 岡山市中学生無免許運転自損事故に市長『言語道断』|あってはならない
  • 岡山市中学生無免許運転自損事故に市長『言語道断』|法令順守に成人未成年は関係ないです!

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

岡山市中学生無免許運転自損事故に市長『言語道断』|7月3日の市長の会見では


岡山市中学生無免許運転自損事故

岡山市の大森雅夫市長は7月3日の会見で、中学2年生の男女5人が乗った乗用車が岡山市内で7月1日に自損事故を起こし、女子生徒1人が亡くなられたことを受け、岡山市教育委員会に対して再発防止策を週内に取りまとめるよう指示したことを明らかにしました。

今回の件に関しては、確かに教育委員会をはじめ、勿論学校でもしっかりと指導をする必要もあるかと思いますが、同じ子を持つ親の立場の私個人は、原因の1番は、家庭での子どもの育て方、子どもへの友達との付き合い方などの教育的な問題が大きいのではないのかな?と感じています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする