新潟市西区小学2年生の女の子の死体遺棄損壊容疑逮捕の23歳男性について|当日女の子の手を引っ張った人はまた別人?

Pocket

新潟市西区小学2年生の女の子の死体遺棄損壊容疑逮捕の23歳男性について|概ね容疑者が犯人でしょうが・・・

新潟市西区小学2年生女の子死体遺棄損壊容疑逮捕23歳男性

ニュースから捜査本部によると、容疑者の23歳男性は電気工事士で、事件当日は仕事を休んでいたとの事。

5月7日午後10時半ごろ、現場付近に差し掛かったJR越後線の列車の運転士が、線路に横たわっていた女の子を発見。

急ブレーキをかけたが間に合わなかったそうです。

しかし、司法解剖の結果、死因は窒息と判明します。

捜査本部は、女の子がはねられる前に別の場所で殺害された上、線路に放置されたとみて捜査をしていました。

親御様方からすれば、我が子を二度も殺められた気持ちであったでしょう・・・もし我が家でも娘たちが同じ目にあれば、そのように感じると思うし察するに余りあるお気持ちだと感じました。

本当にニュースを聞いていても気分が悪くなります・・・。

女の子は、5月7日午後3時すぎに友人数人と一緒に下校。

途中で友人と別れ一人で自宅に向かう途中、行方が分からなくなったようです。

家族が同日午後5時ごろ、「娘が帰らない」と警察に通報しました。遺体の発見現場は、自宅から百数十メートルの距離だったとの事でした。

ニュースから捜査関係者によると、女の子が持っていたピンク色の傘が見つかっておらず、現場で発見されたランドセルなどから複数の指紋が検出されてました。

県警にはこれまで、事件前後に現場周辺で目撃された不審な車両や人物の情報が寄せられており、捜査本部は防犯カメラの映像や、付近を通った車のドライブレコーダーの記録を分析するなど捜査を進めています。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク