O脚の治し方男性が40代から身長が伸びる!|我が家の主人の実体験

Pocket

O脚の治し方男性が40代から身長が伸びる!|お金もかけずに日々の努力で改善できます

O脚治し方男身長

O脚の治し方男性が40代から身長が伸びる!についてこの記事をご覧いただきありがとうございます。

目指せ中学受験!サイト管理人のコッコママと申します。

いつもは健康面の記事を書かせて頂くときは子どもの健康を中心に書かせて頂いているのですが、本日は少し大人の健康として、O脚の治し方についてを実際に我が家の主人が実践をして成果のあった方法からこの記事では

  • O脚の治し方男性が40代から身長が伸びる!|ガニ股とはどう違うのか?
  • O脚の治し方男性が40代から身長が伸びる!|主人がなった原因
  • O脚の治し方男性が40代から身長が伸びる!|日々続けた改善方法

以上の項目に沿ってご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

O脚の治し方男性が40代から身長が伸びる!|ガニ股とはどう違うのか?

O脚治し方男身長

私はO脚ではないですし、O脚になったことは無いのでO脚で困ると言うのは主人を見ていて初めて気づきました。

我が家の主人は、私も長らくO脚で革靴であろうが、プライベート用の靴であろうが、サンダルであろうが全て履き続けると外側の前の方から減っていきます。

そしてスーツのズボンも私服のズボンも膝のあたりに服に変な癖がついてしまうのです。

直立して撮るような写真でも膝が不自然に外側を向いていて変です。

しかしこのようなO脚は私は今までガニ股と一緒に考えていたのですが実はO脚とガニ股が違うと言うのはここ最近初めて知りました。

O脚とガニ股の違い

O脚は膝が外側に向いているため、膝と膝の間に隙間が開いている状態です。

我が家の主人がこれに該当します。

ガニ股も見た目は同じような状態です。

では、O脚とガニ股とはどこが違うのでしょうか?

O脚もガニ股も大腿骨が外側にねじれているので、両膝が外側にむくということ自体は同じなのですが、ねじれ方で区別されるそうです。

O脚は大腿骨が内側にねじれているので、膝は外側を向きますが膝頭は内側を向くのが特徴です。

我が家の主人の症状ですね。

一方、ガニ股は、大腿骨が外側にねじれているので、膝も膝頭も外側を向いています。

これがO脚とガニ股の違いなのですね。

O脚の治し方男性が40代から身長が伸びる!|主人がなった原因

O脚治し方男身長

我が家の主人は高校時代に陸上競技をやっていました。

その時の脚のつき方が悪くてO脚になったそうです。

そして主人が練習で膝を痛めたときに顧問の先生に、顧問の先生が懇意にしている整体師の先生の所へ連れて行ってもらうと、その時に初めてO脚という言葉を聞き、それが原因で膝が疲労骨折しかけていて、O脚が原因で骨膜炎になっていると診断されたとの事。

それ以降、主人は長らくO脚のまま日常を過ごしてきました。

社会人になって私と結婚してからも、主人は別件でカイロプラクティックに通ったことがあり、その先生にもO脚を指摘され、ついでに矯正をして頂き一時期は治ったのですが、ひと月もしない間にもとのO脚に戻ってしまいました。

どうも今までの脚のつき方が癖になっていて、カイロプラクティックの施術などで矯正をかけてもすぐに元に戻ってしまうみたいなのです。

主人が言うには、主人の高校時代の陸上部の顧問の先生もO脚で選手時代に悩んだらしく、O脚を手術までして治したらしいのですが、それでも再びO脚になってしまったとの事です。

O脚は一時的な改善は様々な方法により可能ではあるのですが、その人がO脚になるべくしてなっている根本的な身体の癖を改善しないと再びO脚に戻ってしまうのですね。

O脚の治し方男性が40代から身長が伸びる!|日々続けた改善方法

O脚治し方男身長

我が家の主人は、今年2017年の7月のある日、よく通っているスーパー銭湯にて身長を計ると1,3㎝伸びていたそうです。

厳密に言うと伸びたと言うよりは本来それだけあった身長がO脚により本来の身長で計測されていなかったという事でしょうが・・・。

1番驚いた本人が何故!?と思い、よくよく考えてみると今年の2月から続けていたO脚完全の為のトレーニングが功を奏し、膝も一時期より真っすぐなってきているという自覚をその時に認識したそうでした。

主人が、2月から8月の末である現在でも続けているトレーニングは、ごく単純なもので、2リットルの空のペットボトルを、自宅で入浴する際に、浴槽につかるときに、太ももで2リットルの空のペットボトルを両足で挟み浮かんでこないようにしながら湯船につかります。

そしてそのまま、100秒を数えます。

主人がしていたのは、それを2月から今日まで毎日続けているだけです。

そして寝る前に、両足を伸ばして片足を立て、伸ばしている足に交差させて伸ばしている足と同じ方向の手で交差した足の外側から伸ばしている足の膝を掴むというストレッチを両足交互に数秒づつしていただけです。

これだけをほぼ5か月間続けていただけで、7月には効果が見て取れました。

そして見た目的にもO脚を完全されたと思われる今でも主人は続けています。

それは今までもカイロプラクティックなどで一時的にO脚が改善されましたが、やはり元に戻ってしまうのがO脚ですので主人は、O脚にならない身体の癖を身体に覚えこませると言い今でも日々、お風呂でペットボトルを足で挟みながら入浴をしています。

男性でも女性でもO脚は見た目的にも本人は嫌なものだと思います。

靴の減り方などもいびつになるし、O脚により膝や腰が痛くなると言う事も聞きます。

もしO脚でお困りの方がいらっしゃいましたら、継続するという根気も必要になりますが、1度お風呂での空のペットボトルを使用したO脚の矯正方法をお試しいただければと思います。

費用もリスクもありませんので簡単にお試しいただける矯正方法になっております。

O脚でお悩みの方へ少しでもご参考になりましたら幸いです。

この記事でご紹介させて頂く内容は以上になります。

最後まで記事をご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする